看護助手の求人を見てみたい

看護師をサポートする看護助手の求人について

最近では看護師不足と言われ、どの病院でも看護師は引っ張りだこで激務な事が多々あります。その看護師が職務に専念できるようにサポートするのが、看護助手です。医療資格は必要なく、仕事内容は病院の専門医療や、どの病棟が職場になるかで、大きな違いが生じます。

カルテや検体を各科へ運んだり、備品の確認や補充、退院患者の部屋の片づけなどの雑務から、入院患者の食事のお世話や、入浴時の補助などの身の回りのサポートまで仕事の内容は幅広いです。

病棟では患者のケアをする看護師が働きやすいようにサポートし、患者の身の回りの世話の多くを担うため、患者にとっては日常生活で欠かせない存在となります。また外来では病室への案内やメッセンジャーの役割になるので、接客の得意な方には非常に向いていると考えられるでしょう。

勤務形態も勤める病院によって異なりますが、日中の勤務や交代制の勤務など看護師の勤務形態に準じてさまざまになります。一見して雑務と言えますが、その仕事は間接的に治療に関係する業務であり責任感も必要となるため、時給も高めの設定なところが多いです。激務の看護師への負担を少しでも軽くするため、看護助手を雇っている病院は多く、人助けが好きな方や雑務をそつなくこなせる方など、患者との意思疎通も必要になるので、人と関わる仕事を希望される方には特にすすめです。

看護師ではありませんが入院している患者の日常生活をサポートするという深く関わる立場から、不安を感じている患者に寄り添ったり、または患者と看護師の間に入りより良いケアの提供に携わったりと、その魅力は尽きず、看護助手の経験から看護師を目指したり、介護士になったりと、医療従事書の資格を取る人も増えています。看護助手はあらゆる病院が求めており、求人サイトや病院内の張り紙といった媒体で多々見ることができ、職内容や給与面、または勤務形態、正社員、パート、アルバイトなどさまざまな求人があるので、自分の希望に合うところを見つけるのに有利な職種かもしれません。